世界が注目しているCBDとは?効果や副作用などをまとめました

成分

CBDとは

カンナビジオール(Cannabidiol)の略称で主に麻に含まれるカンナビノイドのひとつです。

いわゆる「大麻・マリファナ」に含まれるテトラヒドロカンナビノール(THC)とは別物で、CBDにはTHCのような高揚感や多幸感(いわゆるハイになる作用)を引き起こす成分は含まれていません。

医療機関でも注目されているCBDの効果とは?

CBDの効果については第一にリラックス効果があげられます。

他にも安眠効果などもあり、ストレス解消におすすめされています。

医療用途の研究として

  • てんかん発作の改善
  • パニック障害、強迫神経症、心的外傷後ストレス障害に対して有効的
  • 社交不安障害の改善
  • 糖尿病の予防
  • うつ病の治療
  • 不眠症の改善
  • アルツハイマー病、パーキンソン病に対して運動能力の改善

などの研究が進められています。

CBDの副作用は?

副作用に関しては様々な研究により経口摂取で1日1500mgもしくは点滴で1日30mgまでの摂取量であれば、神経学的・精神学的・生化学的に副作用が見られないことが判明しています。

また別の研究では30日間1日10~400mg投与した実験でも副作用が見られないことが判明しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました