+WEED(プラスウィード)の口コミ&レビューと使い方

Vape

電子タバコの流行りに合わせて、海外で人気のCBDリキッドが日本でも人気が高まってきています。

日本で販売されているCBDリキッドの中の一つ「+WEED(プラスウィード)」は日本国産・純度99%と高品質なCBDリキッドです。

そんなプラスウィードを実際に使ってみたレビューや口コミ、使い方などをまとめてみました。

プラスウィードを実際に使ってみたレビュー

プラスウィードとリキッド

今回購入したのはハーブフレーバー5%のCBDリキッドです。

VAPE本体が5,400円と少し高めで一般的なVAPEではCBDリキッドが使用できない場合があるとのことだったので、VAPE本体を購入しようとしましたが・・・

プラスウィード 定期購入

定期コースを申し込むとVAPE本体が無料になるキャンペーンが行われていたので、定期コースを申し込みました!

単品なら

  • リキッド3%:5,292円
  • VAPE本体:5,400円
  • アトマイザー:1,080円

の合計11,772円する「プラスウィードキット」が定期コースで申し込むと

5,133円で購入することができます。

この定期コース、リキッドと一緒に消耗品であるアトマイザーも毎月1個無料でもらえるのでかなり安く購入することができますよ!

定期コースを確認

日本製CBDリキッド【+WEED】

では、実際にCBDリキッドを開けてみると、匂いはタバコの葉っぱの匂いと少し甘い匂いが混ざったようなどちらかと言うとタバコに近い匂いがしました。

CBDリキッド

CBDリキッドはよく混ぜないと結晶化するようなのでいつものリキッドよりもよく振って混ぜないといけないようで、あまりまぜないと写真のように成分が分離したような感じになってしまいます。

あとはアトマイザーにCBDリキッドを注入して、しばらくしてから電源を入れ吸ってみました!

プラスウィードレビュー

吸ってみた感想を一言で言うと「ニコチン1mgのタバコを吸っている感じ」です。

もちろんニコチンは入っていないので、舌にピリつく感じやニコチンを感じることはないですが、擬似的にタバコを吸っている感はあります。

他の一般的なリキッドに比べると圧倒的にタバコに近い感じがするので禁煙したい人・禁煙しているけど口が寂しい人に特におすすめです。

リラックス効果があるとのことですが、それほどストレスを感じていない状態だったのであまりリラックス効果は感じられませんでした・・・

リラックス効果を感じるためになにかストレスを溜めないといけないのか?なんてことも頭によぎりましたがwww

プラスウィードの口コミ

プラスウィードの購入者の口コミを集めてみました。

普段はストレスを感じると偏頭痛が出ることが多かったですが、CBDを吸い始めてからはストレスを感じても偏頭痛になることが減りました。
おそらく、CBDを吸うことでリラックスできていたのではと思います。
禁煙中ですがどうしても口が寂しいのでプラスウィードを購入し、吸っていますがタバコの代わりになっています。
コスパ的にもタバコより断然によくて、禁煙中のイライラもリラックス効果で軽減できています。
ニコチンは入ってないけれど、加熱式タバコに比べて圧倒的にコスパいいのがGOOD!
定期購入であれば、VAPE本体はもらえるし、消耗品のアトマイザーも毎月1本もらえるので1ヶ月実質5,000円切るぐらいで済むのがいいですね。

プラスウィードの使い方

プラスウィードは他のVAPEに比べて使い方に違いがあるので注意が必要です。

簡単に言うと

  • CBDリキッドはしっかりと振る
  • 予熱が必要

の2点です。

1.CBDリキッドをしっかりと振ります。

CBDリキッドはは粘度が高く混ざりにくいので他のリキッドよりもしっかり振ってください。

2.アトマイザーのキャップを外して、リキッドを注入します。

 

アトマイザー

アトマイザーのキャップを外して、リキッドを注入します。

この時中央の穴に入れないように注意し、アトマイザーの半分ぐらいまで入れます。

リキッドを注入後15分ほど置いておきアトマイザーに浸透するまで待ちます。

15分ほど時間をおかないとアトマイザーに浸透しないので、空焚きのような状態になり焦げ臭くなってしまいます。

3.プラスウィードVAPEの電源を入れる

 

プラスウィード電源の入れ方

スイッチボタンを3秒以内に5回押すことで電源のOn/Offができます。

電源を入れたあとスイッチボタン2回押し、予熱を開始します。

他のほとんどのVAPEでは予熱は必要ないですが、プラスウィードVAPEに関してはCBDリキッドの粘度が高いため予熱でVAPEを温めることが必要です。
15秒ほどLEDがチカチカするので、点滅が終われば吸うことができます。

4.スイッチボタンで煙量を調整する

プラスウィードVAPEのスイッチボタンをカチッカチッカチッと3回押すことで煙量を調整することが可能です。

  • 白LED→電圧2.7V
  • 青LED→電圧3.1V
  • 赤LED→電圧3.6V

と3種類の煙量を選択でき、電圧が高くなるほど煙の量が増えるので、好みの色に設定してください。

5.煙を吸うときはスイッチボタンを押しながら吸う

プラスウィード吸い方

吸うときはスイッチボタンを押しながら吸います。

煙の量は吸入口の調整かVAPEの電圧を変えることで変更できます。

高品質な日本製CBDリキッド【+WEED】

CBDの効果

CBDには様々な国で研究され、色々な効果があることが分かってきています。

  • ストレスの減少
  • 不眠症における眠りの誘発
  • うつ病への効果

など様々な研究がなされています。

一番身近に感じやすい効果は「リラックス効果」が一番感じやすいと思います。

リキッドの注入が面倒ならリキッド注入済みのカートリッジタイプがおすすめ

よく吸う人なら1日に1回~2回はCBDリキッドを注入し直さないといけなくなりますが、外出先であればこれが結構面倒なんですよね。

自宅であればそれほど面倒ではないですが、カフェなんかでVAPE本体にスポイトでリキッドを注入している姿はちょっと怪しいですよね?w

CBDリキッドタイプ

そんなときはアトマイザー部分を取り替えるだけで注入済みのVAPEになるカートリッジタイプがおすすめです。

カートリッジタイプならリキッドがなくなったら、カートリッジを交換するだけなので外出先でも簡単に交換することができます。

ただし・・・

コスパは圧倒的にリキッドタイプの方がいいので、用途によって使い分けるのがいいでしょう。

CBDリキッドとCBDカートリッジの比較

3% 5% 10%
リキッドタイプ 5,292円 8,532円 16,092円
カートリッジタイプ 7,020円 8,100円 9,180円

カートリッジタイプの容量は公式サイトで書いていない為、詳しくは分かりませんがカートリッジ1本で数日から1週間程度もつようで、3本で10日~2週間程度は使用できるようです。

リキッドタイプは1日にタバコ1箱吸う人で約2週間程度でなくなるようです。

リキッドタイプの方が手間がかかない代わりに容量が少なく、購入金額も高くなってしまいます。

プラスウィードのまとめ

リラックス効果があるという事で注目されているCBDリキッド。

その中でも日本製で高品質な「+WEED(プラスウィード)」を実際に使ってみました。

実際に使ってみて、感じたのは禁煙している人・禁煙したい人にはタバコの代わりに十分なれるのかな?と思います。

コスト的にも身体的にもタバコよりも優しいので、これから色々なところで流行っていきそうなVAPEだと思います。

あとはストレスを溜め込んでいる人にもCBDの効果の一つであるリラックス効果でストレスを少しでも和らげてもらえればと思います。

高品質な日本製CBDリキッド【+WEED】

コメント

タイトルとURLをコピーしました