IQOS互換機【FyHit CS Pen】の特徴やメリットデメリット

加熱式タバコ

優れたデザイン性とチェーンスモーク可能な
IQOS互換機として話題の
FyHit CS Pen(ファイヒットシーエスペン)」

特徴やメリットデメリットを調べてみました。

CigGo社の新製品FyHit CS BOXの記事はこちら
↓ ↓ ↓

FyHit CS PenとIQOSの性能比較表

FyHit CS Pen IQOS 2.4 PLUS
価格 4,980円 7,300円
カラー ・シルバー
・ブラック
・WHITE(ホワイト)
・NAVY(ネイビー)
サイズ 120mm×
20.5mm
・チャージャー
111mm×
50mm×
15mm
・ホルダー
94mm×
14mm
重量 83g ・チャージャー
100g +/- 1g
・ホルダー
20g +/- 0.5g
バッテリー 2200mAh 2900mAh
吸引回数 約16回
(吸引時間は約6分)
約14回
(吸引時間は約6分)
連続使用 ×
充電 約2.5時間 ・チャージャー 約90分
・ホルダー 約4分
保証 ・1ヶ月(楽天市場)
・3ヶ月(Amazon)
6ヶ月

FyHit CS Penの特徴

チェーンスモーク可能

FyHit CS Penはバッテリーとホルダーが一体型になっており、IQOSのように1本ごとに充電を行う手間無く連続で使用できます。

バッテリー容量は2200mAhで、1回の充電で約12本のヒートスティックを吸うことができます。

3段階の温度調整機能

FyHit CS Penは3段階の温度調整機能が付いており、好みに合わせて加熱温度を調節することができます。

またブレードが以前のモデル(HERBSTICK CS)に比べて大きく変更され、ヒートスティックがまんべんなく加熱されるよう改善されています。

スタイリッシュなデザイン

他のIQOS互換機に比べてコンパクトで手になじむデザインです。

カラーはブラックとシルバーの2種類から選ぶことができます。

FyHit CS Penのカラーバリエーション

FyHit CS Penのメリットデメリット

FyHit CS Penのメリット

  • チェーンスモーク可能
  • 加熱ムラが少ない
  • 3段階の温度調整機能

FyHit CS Penのデメリット

  • カスがたまりやすい、掃除が面倒
  • ヒートスティックが抜きづらい、上手く抜けずにカスが残ってしまう

まとめ

チェーンスモークできて、ヒートスティックの加熱ムラが少ないところが口コミでも高評価のFyHit CS Penですが、味はIQOSに比べてやや劣るという意見も見られます。

メインで使うというよりはIQOSの予備機として持つのが良いかもしれませんね。

興味のある方はぜひ一度FyHit CS Penをチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました